お盆休みはございません。カレンダー通りに診療しております。
(木曜と土曜午後は休診です)

Home > 巻き爪矯正・AGA

巻き爪矯正・AGA

巻き爪矯正・AGA

巻き爪とは

巻き爪とは

「巻き爪」とは、主に足の爪の端が丸まってくる症状で、最終的には爪が指の肉に食い込み、ひどいときには化膿したり、歩けなくなるほどの痛みを伴います。「ちょっと曲がっているだけだから」と軽視せず、早期の適切な治療をおすすめします。

はるかぜ皮フ科での巻き爪矯正は、「マチワイヤ」という、跳弾性ワイヤーを爪に装着する方法で行います。
巻き爪の構造

原因

  • 靴による圧迫

    かかとの高いヒールや先の細い靴を履いていると、つま先が体重を支えることになり、爪に負担がかかります

  • 深爪

    必要以上に爪を切ってしまう「深爪」は、切った後の肉がもりあがり、爪がその肉に圧迫されてしまい、巻いてしまいます。

  • 足の強打

    ボールが強く当たるなど、スポーツなので足先(爪)が怪我をすると、正常に爪が伸びなくなる場合があります。

  • 体質・遺伝

    生まれつき、爪が薄かったり柔らかかったりするなど、巻き爪になりやすい人もいます。

  • 急激な体重増加

    妊娠や肥満などにより、急激に体重が増加すると、足への負担が増え、爪にも悪影響を及ぼす場合があります。

巻き爪の治療

マチワイヤによる治療

マチワイヤとは、爪矯正用の形状記憶合金ワイヤーです。
マチワイヤによる治療とは、爪の先端に2つの穴を開け、ワイヤーを通し、ワイヤーが元に戻ろうとする力を利用して、丸まった爪を下から押し上げ、矯正する方法です。
局所麻酔不要です。

爪が丈夫で、爪が皮膚よりやや伸びている方におすすめです。
強く彎曲(わんきょく)している爪では、数回施行するのが効果的です。

通常は1~3回ほどの施行で矯正されます。(個人差があります)

  • 巻き爪治療風景1
  • 巻き爪治療風景2
  • 巻き爪治療風景3

深爪治療

爪のかどを深く切りすぎてしまったことで、爪が食い込み、食い込んだ周囲の皮膚が赤く腫れ、もりあがってきます。

深爪の患者さんには、爪の切り方を指導し、テーピングを使った治療(テーピング法)などを行います。

巻き爪に対し、保存治療効果がない場合は、「フェノール法」を行います。
フェノール法とは、局所麻酔を行った後、巻いている部分の爪だけを抜き、爪母(爪が作られる部分)をフェノールという液体で焼く方法で、治療後その部位は爪が生えなくなります。

施術までの流れ・治療費用

施術までの流れ

巻き爪矯正料金表 ※予約制

巻き爪矯正料金料
施術代(1本) 1,000円
マチワイヤ※ 4,000円
外科用接着剤※ 300円

※マチワイヤ・外科用接着剤はお持ち帰りいただき、次回の治療にお役立て下さい。
※表示価格は税込みとなります

男性の薄毛、AGAとは

「AGA(エージーエー)」という名前を最近、CMなどで耳にする機会もあるかと思います。

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で、「男性型脱毛症」のことです。成人男性よく見られる、髪の毛が薄くなる状態のことで、全国で1,260万人の方がかかっています。

はるかぜ皮フ科では、これを治療する薬「プロペシア(フィナステリド)」のお取り扱いができます。

※AGA専門サイト「サヨナラAGA」に当院が掲載されました。

Home > 巻き爪矯正・AGA

▲ページの先頭に戻る